看護師求人「大学病院」

大学病院で働く看護師の仕事や特徴とは?

看護師求人「大学病院」



看護師の活躍の場は、やはり病院!といったイメージが強いのではないでしょうか?そのイメージ通り、看護師のほとんどが就職・転職先として病院を選んでいます。最近では美容外科看護師が人気の求人先ではありますが、その求人数は少数で大多数は病院看護師が求人先です。しかし、「病院」と一口に言ってもそのスタイルは様々です。

専門科などの違いもあるでしょうし、規模の大きい・小さいでもずいぶんと異なるでしょう。 ここでは、その中でも大学病院についてご紹介致します。

大学病院といえば、もちろん読んで字のごとく大学に付属された病院を指します。 「教育」、「臨床」、「研究」の3つの機能を担うため、大学に付属された施設を指すものとされ、 高度で最先端な治療・臨床を行っているという点が患者さんにとってのメリットでもあるでしょう。

また、大学病院は大学で学ぶ医学部や歯科学部の学生にとって研究や学びの場でもあります。 町の小さな専門病院やクリニックでは出会う事のない難病を抱えた患者さんや、珍しい病気に携わる事もあります。

このような珍しい症例に接する機会は、看護師に取ってみても多くの物事を得る事が出来るはずです。 看護師としての技術・知識の向上、またキャリアアップを望む事も可能でしょう。さらに、大学病院に勤める看護師にとってのメリットは収入面にもあるようです。
男性の准看護師、仕事が続かないと思ったら・・・

基本給をそのほかの病院と比較してみれば、一見大学病院の収入が高いと感じる事はないかもしれません。しかし大学病院勤務の場合様々な手当が存在していますので、手当を含んだ収入は他の病院よりも恵まれているはずです。

高収入を狙うという面でも、大学病院への就職・転職は魅力的なのではないでしょうか?しかし、高収入であるからこそのデメリットを忘れない様にしましょう。勤務時間も長くなりますし、夜勤・残業も多く苦労も多いという反面もあるのです。

さらに、専門的な知識や技術の向上を望んでいない看護師にとってはあまりメリットがないかもしれません。メリット・デメリットを考慮する必要があるでしょう。
東北海道病院 - EAST HOKKAIDO HOSPITAL

日勤常勤看護師になるために-短期大学

看護師になるための方法のひとつに「短期大学」への進学があります。短期大学へは高校卒業後に進学することになるので、そういった意味では看護専門学校と変わりません。それでは短期大学への進学は看護専門学校と何が違うのでしょうか。

短期大学の場合、その大学にはよるものの看護学科以外の学科もあることが多いです。つまり看護に関連すること以外も学ぶことができるのです。カリキュラムの組み方は短期大学毎ではありますが、一般教養や自由選択科目などを通して色々な学問に学ぶ機会があります。

看護師としての将来に役立つ科目を取るもよし、敢えて看護師の仕事には直接関係なさそうな科目を取るもより、単に自分の好きな分野の科目を取るもよしです。こうした広い教養というのは、看護師になってからはもちろんのこと、一社会人として役立つものになるでしょう。

どのような職業にも言えることではありますが、看護師は今後特に自分で考え能動的に行動できる人材が求められます。そうした時に広い教養や、違った分野で身に付けた思考力、行動力が役立つかもしれません。また看護関連以外の人脈というのもありがたい存在になるでしょう。

とはいえ、短期大学を卒業した看護師は約5%というのが現状です。短期大学を系列に持つ大学病院などでは高い割合となりますが、看護師全体では少ない存在と言えます。近年ではより長く幅広い教育を受けられる大学に進学する人も増えているので、これ以上増えるかはわかりません。それでも看護師以外の広い教養を身につけたいという人にとっては、短期大学はひとつの選択肢になるでしょう。

短期大学のカリキュラムも看護師国家試験の受験資格を得られるものであり、国家試験に合格しなければなりません。短期大学を選ぶ際には、国家試験の合格率や国家試験対策があるか、就職のサポート体制なども調べておきたいものです。もちろん短期大学を卒業してさらに進学する道というのもあるので、広い視野を持って考えておきましょう。

看護師のアシスタント看護助手とは?

看護と言えば看護師ですが、近年増えてきているのが「看護助手」です。看護助手とはその名の通り、看護師の助手として働くスタッフのことを言います。

仕事の内容は、食事・入浴・トイレの介助や患者さんの移動、身の回りのお世話、掃除など多岐にわたります。食事の介助では単に食事の準備、食事、片付けをするだけでなく、きちんと食べているか何を食べたかといった観察も行うのです。といっても監視員ではありませんから、患者さんに楽しく食事を取ってもらうことも忘れてはなりません。

入浴介助では入浴の準備、入浴、着替えの介助といったことから、入浴後の清掃、消毒なども行います。トイレへの付き添い、介助、おむつ交換も大切な仕事のひとつです。患者さんが車いすに移動するときのお手伝いや体位変換、歯みがきや爪切りなども必要に応じて介助します。施設の清掃、室温など環境の管理などを行うこともあるでしょう。

このように看護助手は医療行為はできないものの、医療の現場を支えるのに欠かせない大切な仕事を担っています。信頼されればカルテや器具の伝達などを任せられることもあるでしょう。医療機関によって任される仕事は様々ですが、看護助手の活躍が増えている背景には看護師不足の問題があります。

以前はこうした業務も看護師が行うことが多かったのですが、看護師が不足しているため医療行為など看護師にしかできない仕事に集中させているのです。看護助手になるには、特別な資格などは必要ありません。ただし民間資格として「メディカルケアワーカー」や「メディケアエイダー」といった資格があり、採用に有利になる可能性があります。

身の回りのお世話や清掃といった気配りが必要な仕事ですから、介護や主婦としての経験がアピールポイントになることもあるでしょう。看護助手の仕事に興味のある場合は、ハローワークや医療機関の求人情報をチェックしてみてください。今や医療機関に欠かせない存在となっている看護助手、今後も看護師などと協力して活躍の場が増えていきそうです。

看護師にもヘッドハンティングはある?

看護師が転職することは珍しくありませんが、通常の転職と比較して、若干特殊なものだと考えた方がいいかもしれません。一般的な転職にはヘッドハンティングなどがありますが、看護師の世界では珍しいものです。

勿論経験豊かな看護師や、優れた能力を持つ看護師の場合は考えられないことではありませんが、看護師の世界は閉鎖的な世界でもあるため、全く知らない外側のヘッドハンティングはないと思っていいでしょう。

少なくとも看護師資格だけではヘッドハンティングはされません。看護師資格と、その他能力も必要となります。経験だけでは難しいことを覚えておいてください。

それでもヘッドハンティングを期待するのであれば、研修会やセミナーなどに積極的に参加し、何か特別なスキルを発揮するなどの自己アピールが重要です。人から目にとまる機会が増えれば、ヘッドハンティングされる可能性も高まるでしょう。

そのためには何かに秀でたスキルを持つとか、他の人とは違った技能が必要となってきます。 一般の会社員でもヘッドハンティングされるようになるまでには何年も掛かりますし、経験が少ない中でのヘッドハンティングというのは、見えない部分で自分磨きをしている、ということです。

看護師であるということに加えて、特別なスキルを手に入れるためにはかなりの努力をしなければいけません。プラスアルファを手に入れるには何をすればよいのか、どのカテゴリであれば必要とされるかの研究も必要です。ヘッドハンティングされるということは、それほど特別なことだと考えて下さい。

逆に、もしもあなたがヘッドハンティングをする側の人間だったとしたら、一体どのような看護師さんが欲しいですか?上記のように考える事で、どのような人材になればいいのかヒントを手に入れられるかもしれませんね。

現場で活躍中の看護師さんでしたら、これからどんなスキルを手にしたらいいか、どのようにステップアップすればいいのか、普段からアンテナを立てて研究して行きましょう。ひとつの科目のスペシャリストになる事で、ヘッドハンティングされる可能性は高まります。

ただいつも通りの業務をこなすだけではなく、地道な努力を続けていってください。ヘッドハンティングされるような看護師を目指して、努力していきましょう。

看護師が自力で転職先を探す場合に起きること

看護師さんが自分の力だけで転職をする場合は、自分の条件に近い求人へと応募をするため、選択の幅は多くなると考えられます。面接時に希望条件を伝えたり、伝えられたりと、お互いが納得した上での採用となりますので、理想に近い転職を行う事が可能です。

家庭の事情などがある場合も、先に先方に伝えることになりますので、しっかりと面接時に話し合う事が成功へとつながります。受け入れる企業側も看護師としての能力だけではなく、人間性を量る事になりますので、採用されたということは、働く適正にかなったということです。

また、誰かに紹介してもらって採用されたということではありませんので、気を遣うことなく、自分らしく業務に当たれます。 …と、ここまでが、看護師さんが自分で転職先を探す際の長所となります。

では短所はどのようなところに潜んでいるのでしょうか。 やはり一番の短所は、言葉は悪いですが、お互いの隠し玉が解らないといったことです。転職のマッチングをしているわけではありませんので、実際はどんなことをお互いが考えているのかがわかりません。希望条件とは異なったことを、後から言われるかもしれないということです。

この病院でどうしても働きたい、でもこれを言ったら落とされてしまう、そう考えて口にしなかった何かを、結局後々我慢できなくなって、せっかく受かったとしてもすぐに辞めてしまう看護師さんもいると聞きます。これは転職のミスマッチだった、といえるでしょう。求人サイドの場合は、実際の求人条件とは違う条件を提示していた、ということも考えられます。

上記のようなケースは、ハローワークでもよく耳にするトラブルです。求人の紹介を行うプロでもこのようなトラブルを引き起こしてしまうこともあるのに、1人で転職を行う当事者だったとしたらなおさらでしょう。ひとりで転職活動を行うことには、リスクがあることを覚えておいてください。

但し、全てが上記のような残念な結果になるとも限りません。問題なく自分らしく働ける職場に転職できている人も多いです。

もしも正直に話して、条件が合わずに面接に落ちてしまったとしても、これでまた面接の経験をつめたぞ、前向きに捉えて下さい。経験が増えれば次は前回よりも、もっと落ち着いて臨めます。自分のペースで転職ができる、そう考えられたらいいですよね。

↑ PAGE TOP