治験コーディネーターと臨床開発モニターの共通点や相違点

治験コーディネーターの臨床開発モニターの大きな違いとは?

治験コーディネーターと臨床開発モニターの共通点や相違点

同じ治験に関する仕事でも、いろいろな職種があり、それらの仕事内容は異なっています。治験コーディネーターと似た仕事に、臨床開発モニターという仕事があります。この二つはどう違うのか、調べてみました。

治験コーディネーターはCRC、臨床開発モニターはCRAと呼ばれることがあります。どちらも治験に関わる仕事という点では同じです。治験コーディネーターがおもに医療機関側で仕事をするのに対し、 臨床開発モニターは製薬会社の側で働くという違いがあります。

臨床開発モニターは、新薬が開発された時に治験を医療機関に依頼します。その後は治験コーディネーターの役割になるのですが、実際に治験が順調に進んでいるかをチェックしたり、治験の結果を製薬会社に報告したりするのです。

臨床開発モニターは製薬会社で働きますが、こうした企業は外資系も多いので、英語が堪能であることが条件とされています。日常会話レベルでは太刀打ち出来ないので、TOEICの点数が一定レベルであることを応募条件にしている企業もあります。

また会話ができるだけではなく、交渉する能力も必要になります。ですからコミュニケーション能力が高い人が求められています。治験コーディネーターも臨床開発モニターも、看護師や薬剤師といった 医療系の資格を持っていると働きやすくなります。

実際に、看護師や薬剤師として医療機関で働いた経験を持った人が、次は治験業界で働きたいと言って転職するケースはとても多いのです。自分が関わった仕事によって新薬が世の中に出回るようになるのですから、やり甲斐や喜びの大きい仕事だと言えるでしょう。

でも治験の段階で問題が発生すればその薬は販売することができません。また新薬が開発されてから実際に世に出るまでは、かなりの年月がかかるのです。すぐに結果が出ないと仕事をする気がなくなってしまったり、根気強く仕事に取り組めないような人では務まらない仕事です。

他の職種から治験関係の仕事に転職する場合は、仕事内容について詳細に調べたり、自分がその仕事に向いているのかよく考えることが必要です。

↑ PAGE TOP