治験コーディネーターのさまざまな働き方

治験コーディネーターの雇用形態について

治験コーディネーターのさまざまな働き方

治験コーディネーターの仕事に興味があるけれど、事情があって正社員では働けないという方もいらっしゃるでしょう。看護師や薬剤師など医療系の職業は、正社員以外でもパートやアルバイトといった形で働くことも可能です。治験コーディネーターの場合はどうでしょうか?

治験コーディネーターは新薬の治験に関わる重要な仕事ですし、パートやアルバイト・派遣といった勤務は無理ではないか?と思うかもしれません。でも実際にはこうした常勤以外の勤務も可能なのです。小さいお子さんがいる方や、親の介護している方など、どうしてもフルタイムで働くことが難しい場合があります。

仕事と家庭を両立させるために、短時間の勤務があればいいのにと思っている方も多いでしょう。そうした方は、アルバイトや派遣の求人情報を見てみると案外見つけられるものだと思います。たとえば治験コーディネーターのアルバイトをする場合、日給1万円前後の金額で募集していることがあります。

働ける日数によって月給は変わってきますが、意外に高収入なので驚く人もいるかもしれませんね。ただ、未経験の場合はあまり多くの給与をもらえないこともあります。逆に経験がある人で難しい仕事にも取り組める人は、高給をもらえる可能性もあります。

もちろんパートやアルバイト・派遣であっても、治験コーディネーターとしての仕事内容に変わりはありません。アルバイトだから責任がないとか、簡単な仕事しかしなくて済むというわけではないことを覚えておくようにしましょう。

実際に治験が行われている医療機関では、患者さんと接する機会も多いですから、プロとして確実に仕事をしなければなりません。治験が予定通り進んでいるかチェックしたり、各種資料を揃えたりする仕事はアルバイトでも正社員と同じように行わなければなりません。

家庭の事情が解消し、フルタイムでも働ける環境が整ったら、その時に正社員になることも可能です。 認定資格の取得を目指せば仕事の幅も広がりますし、資格を取得することが良い目標にもなりますから、頑張ってみると良いでしょう。

↑ PAGE TOP