フェザーリフトでたるみ改善!

プチ整形の一種である「フェザーリフト」は、たるみの部分を専用の特殊糸を用いて改善するリフトアップ術です。 皮膚の下に特殊糸を通し、たるんだ皮膚、筋膜、皮下組織を引き上げることでたるみを改善するものです。

使用する特殊糸には「溶けるタイプ」と「溶けないタイプ」があり、どちらも外科手術で使用される安全性の高い素材が使われています。

「溶けるタイプ」は約8ヶ月~1年で体内に吸収されますが、特殊糸の周りに形成されたコラーゲン被膜により、その後も効果が続きます。

施術する部位や目的により使用する糸の種類、本数が異なります。 フェザーリフトには、たるみを引き締めるアプトス(APTOS)と、たるみを吊り上げるワプトス(WAPTOS)の2種類があり、併用も可能です。

また、施術後、およそ5年間は効果が持続するといわれています。

・アプトス(APTOS)

比較的、軽度なたるみに用いる施術法です。 特殊糸を一方向に通し、特殊な毛羽立ち状の糸が皮下組織を保持し、皮膚を引き締めます。

この毛羽立ちは繊維芽細胞にも刺激を与えるので、コラーゲンの生成も促進するというメリットがあります。

アプトスは主に頬のたるみの改善に用いられ、従来のメスを入れるフェイスリフトで出来なかったほうれい線の改善にも効果があります。

糸を一方向に通すだけのアプトスは皮膚を切る必要がないので、局所麻酔だけで確実なリフティング効果を得ることができます。

・ワプトス(WAPTOS)

アプトスとの違いは、特殊糸を折り返して使用することです。 特殊糸を往復させて引き上げるため、アプトスよりも強いリフトアップ効果があります。

切開後、一時的に引きつるような感じがすると思いますが、数週間で元に戻るので心配ありません。

ページの先頭へ